代表取締役社長が小島宏和氏の東京住建

家づくりに対して必要なものというのは数多くありますが、一番大切なものは「どのような家を作るのか」という考えだという意見もあります。確かに、明確な考えが無いまま進めてしまえば、建てた家に対しても高い満足感は得られにくいです。そのため、自分の理想の家をしっかりと導いてくれる頼れるパートナーとなる住宅会社の存在が欠かせません。

■代表取締役社長の思想
東京住建の企業理念について代表取締役社長の小島宏和氏はホームページ上で語っています。これまで数多くの住宅建築に携わってきた実績を持っている東京住建は、ユーザーのニーズを的確に捉えるようなサービスや商品を提供し続けてきました。この評価というのはただ単純に売り上げが上がるというだけではなく、企業としての活力を生み出します。そうすることによって企業の成長発展が約束されると小島宏和氏は信じているのです。

「商品は我が社の命」という言葉を常に心がけている小島宏和氏ですが、果たして良い家とは一体どのようなものなのでしょうか。もちろん、使い勝手の良さが高くなければいけませんし、自然災害への強さも求められます。高齢者やお子さんでも使いやすいことも無視できませんし、採光性の高さによって演出された家が良いという人もいます。つまり、家の基準は千差万別となるため、ユーザーに寄り添うということが大切になっていくのです。

■ジオ・ステージの性能について
東京住建の分譲住宅であるジオ・ステージ。こちらは性能が高いことでも知られています。特に採光性能が非常に高いことで知られているのです。何故なら東京住建は注文住宅の建築実績が高いため、そのノウハウが積み上がっています。そのため、家の中に日の光が入るような窓の設計が出来るのです。建築条件を完璧に把握するので太陽の高さがことなる夏と冬でも快適な暮らしをすることが出来ます。

さらに、シロアリ対策も万全です。ジオ・ステージではすべての住宅に対して防蟻対策が施されています。シロアリがいることによって主要構造体へのダメージが生まれ、場合によっては甚大な被害が生まれることがあります。そのような被害を防ぐために上棟が完了した辞典で柱や梁などの主要構造体に対して防蟻薬剤を床下からおよそ1mの高さまで塗布するのです。

■トップの考え方が優れた商品・サービスをうむ
小島宏和氏が代表取締役社長を務める東京住建は「商品は我が社の命」という言葉を掲げています。それは、優れた商品やサービスを提供し続けることによって評価が高まり、その評価の高まりによって社内が活気づき、成長発展が進むと信じているからです。そのために商品のクオリティを高めていますが、ユーザーの気持ちに寄り添うことも忘れていません。

そんな東京住建の商品力の高さを示すものとして語れることもあるのがジオ・ステージです。ジオ・ステージは住宅性能が高いため、採光性や防蟻性についても優れているとされています。採光性はこれまでのノウハウに活かしてすべての部屋にどのような季節でも光が入るようになっていますし、シロアリ対策については主要構造体に防蟻薬剤を使っています。

株式会社東京住建のオープンイノベーション情報|eiicon