社長の小島宏和氏が考える東京住建とは

非常に高額な買い物になる一戸建て住宅の建築。そのため、「一生に一度の買い物」と表現されることもあります。そのため、多くの人が家づくり初心者のため、自分だけの力で購入しようとすれば失敗してしまうリスクが高まります。そのため、優秀な不動産会社を知ることが大切になっているのです。

■︎アフターサービスについて 一戸建て住宅は建ててしまえばそれでおしまいというものではありません。むしろ、その後数十年住み続ける家として相応しいかどうかはこの先のコンディションによって決まってしまいます。そのために優秀な不動産業者を選ぶのはもちろんのこと、その不動産業者がアフターサービスをしっかりと行なってくるのかどうかを見定めるというのも家作りにおいては重要なポイントとなっています。 小島宏和氏が社長の東京住建は施工後の定期点検を行なっています。それは安心して暮らせるようにという配慮です。主要構造部の不具合は10年保証が付いてきますので、長期間住むことになる一戸建て住宅においては注目すべきポイントだと言えるでしょう。また、定期点検を行うことによってトラブルを早く発見することにも繋がります。そしてそれは早期解決にも結びつくためオススメです。

■︎ウェブ内覧会について 家づくりというのは施工主だけの理想を詰め込むものではありません。そこに住む家族ひとりひとりが満足をして施工を行わなければいけないのです。そのため、内覧会というのは非常に重要な役割を担っています。しかし、現代の忙しい世の中を生きている日本人は家族が揃って出かけられるタイミングを作るのも難しいため、内覧会に参加出来ないという人もいます。 とうきょうじゅうけんはウェブ上で内覧会をしていることでも知られています。そのため、インターネット環境と端末さえあれば好きなタイミングで内覧会に参加できるため、家族それぞれが自分の気になるポイントをチェックすることができます。こちらは360パノラマ画面なのはもちろんのこと、しっかりと拡大することも可能なので細部にまでこだわりを持っておくことも可能になっているのです。

■︎住み続ける信頼のおける家づくり 東京住建は小島宏和氏が代表取締役を務めている企業です。ユーザーファーストの姿勢を貫いているため、アフターサービスも充実しています。定期点検を行なっているので早期発見・解決をスムーズに対応することが可能です。10年間保証が主要構造体に付いているということもしっかりと住み続けられる証拠です。 また、ウェブ内覧会をしているということも注目です。ウェブ内覧会は自由な時間・自由な場所で内覧会をすることが出来るので、自分だけでなく家族にも内覧会に参加してもらうことが可能です。このような東京住建の取り組みは小島宏和氏が推奨しているユーザーの理想の家づくりに近づくための施作だと言えるという評価もあります。そのため、多くの人が利用しているのです。