東久留米で誕生した東京住建

よい建築会社を選べば、満足ができる住宅を建てることができる。簡単なようで難しいことかもしれません。今回は、住宅を建てる時に大切な、既存の顧客の評価を中心に東京住建の建築スタイルをご紹介していきます。より魅力的で立てて良かったと思えるような住宅建築になれば幸いです。

■痒い所に手が届く住宅建築 東京住建の前身は、工務店です。東京の東久留米市からのスタートです。顧客へのサポート力が高いことで有名な会社です。ご家族ごとの思いを大切にする家づくりをモットーとしています。痒い所に手が届くような配慮をしてもらえ、オーダーメイド感覚での住宅を建築することができます。実際には、セミオーダー式の住住宅であるジオ・ステージが人気です。基本的な設計図をもとに、それぞれの細かな場所にオリジナルのオーダーを追加していく方式を採っています。まず、東京住建にパンフレットを申し込むと、細かな内容が記載されたパンフレットが入手できます。自宅で眺めながら、新居への思いを馳せながら、ゆっくりとイメージを膨らませることができるのです。

■東京住建の分譲住宅 戸建てを希望する方の憧れである分譲住宅。建売住宅とは少し違う魅力があります。もしも、戸建てを建築できる土地をお持ちなら、分譲住宅でのオーダーが容易になります。親世代から引き継がれる予定の土地などあれば、是非、東京住建の分譲住宅を検討されてみてはいかがでしょうか。 まず、ファーストヒアリングとして土地条件をもとにしたファーストプランや建築費用の概算が提示されます。それから、具体的な内容の検討へと移っていきます。資金計画や細かな建築内容は、お客様にとっても、東京住建にとっても、大変重要な内容です。細かく納得がいくまで、打ち合わせをするような対応が取られています。さらに、建築後も長期にわたるサポートを受けられるのも魅力です。その代表的なものは、定期的な点検作業です。建物にとり重要な構造に関わる点検はもちろんの事、期間は短くなりますが、植木の点検などもしてもらえます。細かな配慮が嬉しい限りです。

■東久留米からのスタート 東京住建は、東京の東久留米市からスタートした会社です。創業から20数年が経ち増しました。東久留米の地域の工務店から始まった同社は、数多くの住宅の建築を行って成長を遂げ、関東圏を中心に名をはせる企業へと成長を遂げています。第2次の創業期とされる新たなフェーズに突入した今、顧客思いの姿勢は変わらず、満足度が高い住宅を建築して、依頼者へ届けています。

■評判から会社力を知る このように、顧客の希望を聞き取りながら、住宅建築に携わる東京住建。一つの家には、一つの家族の物語があるという姿勢を保ち、希望を最大限にききいれてもらえるでしょう。もしも、家を建てたいと感じたなら、迷わずコンタクトを取ってみるのがおすすめです。きっと、満足のいく自宅を手に入れる事ができるでしょう。