社長小島宏和さんがこだわる家づくり

人が一生を過ごすという問題の中でもどのような空間で過ごすのかということがその人を形作りと言われています。そのため、自分の帰るべき家というのはこだわり抜かなければいけません。一戸建て住宅を購入するときには、その家を扱っている不動産業者についての知識を持つことによって正解へと導くことができます。それは一体どのようなものなのでしょうか。

■︎通気性能について 住宅というのはその性能に拘らなければいけません。確かに単価の高い買い物ではありますが、一生住み続ける場所となるため、数万円の価格を気にしてコストを削ってしまったがために、その後数十年をストレスに耐えなければいけなくなるかもしれないため、しっかりと住宅性能にこだわり、その家で快適に過ごせるように、きちんと考えて行動をすることが重要な鍵を握っています。 通気性能が高いことで知られているのが小島宏和氏率いる東京住建の分譲住宅であるジオ・ステージです。こちらは基礎パッキン工法と外通気構造を採用しているので湿気の滞留を防ぎます。それだけではなく従来の換気工法と異なり基礎に穴を開ける必要がないため、住宅そのものの強度を保つことが出来るようになるのです。

■︎家づくりに対する思想 小島宏和氏は東京住建のk考え方として「ひとりひとりの施主様と真剣に向き合い、よりお多くの幸せを創る」という言葉を至上命題に掲げています。その言葉通り、すべての施工について妥協を許さない家づくりを心がけているのです。そもそも家づくりというのはひとりひとりの感性によって最終的なゴールが異なるものです。そのため、その施主だけのゴールを共に叶えるということが大切になっています。 では、具体的に最高の家づくりを行うためにはどうすれば良いのでしょうか。まず、売り上げ重視の提案では、決して最高の家づくりをすることが出来ません。何故なら、そのように建てられた家は施主の家ではなく企業のために作られた家になってしまうからです。施主の大切な財産を作るという意識を持ち、そのサポートに徹することで最高の家づくりが実現へと向かっていきます。

■︎ビジネスライクにならない家づくり 住まいの暮らし心地にこだわるのだったら東京住建のジオ・ステージが良いでしょう。こちらは小島宏和氏の東京住建が長年培ってきたノウハウが結集された商品です。通気性能にしても基礎パッキン工法と外通気構造を採用しているので湿気が滞留することなく、さらに住宅としての強度を下げることもありません。 このようなクオリティの高い家づくりを可能にしている理由は、企業としての至上命題として「ひとりひとりの施主と真剣に向き合い、より多くの幸せを創る」という言葉を持っているからです。売り上げ重視にならず、その家づくりにおいて全力で応えることによってライフスタイルなどが全く異なるユーザーの思いを実現に導いてきた東京住建はこれからも期待されています。